石坂産業さん見学!!

 11月16日、埼玉県三芳町にある石坂産業さんへ社長講演を聞きに伺いました。今年は3回のテーマ「経営」「人材育成」「環境教育」についてのお話しがあり、今回は環境教育についてでした。

石坂典子社長のお話しはわかりやすく、とても熱い思いも感じられます。世界の状況、取り組み、石坂産業さんでの新たな取り組みが主でした。環境教育は日常の生活から身につけるもの、そして答えはひとつではないということを学びました。

産業廃棄物処理業の価値や社会的使命感を感じる私としては石坂産業さんを目指すべき方向と思っています。

今、私にできることは石坂産業さんの考え方を学びながら、まだ知らない産廃の現実ををみなさんに知ってもらう、そして環境について正しく理解し考えてもらう。その発信をしていきたいと思ってます。

 

IMG_3593、

 工場見学にも行きました!

IMG_3566IMG_2267IMG_2277

 

 

地域の方々も遊びに来られます。

IMG_2304IMG_2302

 ※自家製ジンジャーエールが美味しかったです  ※子供も大人も楽しめる電車に乗れます

 

 IMG_3606

 ※有機栽培で作った野菜の昼食。ゴミを出さないように、とことんこだわっています。

 

 

ペットボトルdeエコ学習

7月、喜々津商店街で行われるたらみ市 10月、長崎の山里地区の山里まつりで子供たちにむけたペットボトルを使ったエコ学習をしました。

普段何気なく棄てているペットボトルですが、飲み残しがあったり、中にタバコの吸い殻が入っていたりします。私達はそれを一つずつ適正に処理しています。少しでもリサイクルの現実を知ってもらえるようにと長崎大学経済学部山口ゼミの学生さんと一緒にコラボし、子供達・地域の方に簡単ですが説明をしました。

IMG_3427

子供たちにはペットボトル仕分け大会として、チームに分かれ、ラベル、キャップの取り外し、ペットボトルの中にビー玉やクリップなどを入れ仕分けをするという作業をタイムトライアルで競い合いました。子供たちは楽しく学べたようで、家でも当たり前のようにペットボトルはラベルとキャップを外してリサイクルに回しているようです。

IMG_3425

この仕分けゲームはすべて学生さんのアイディアです。企業だけでは考えられないようなことを一緒にできるということは今後の産学連携に繋がっていくことと思います。

今回はペットボトルについての学習でしたが、他にもリサイクルできるものはたくさんあります。リサイクルについて「現実を知ってもらう」ということが一番大切なことと思います。

IMG_3097[1]

 

 

 

 

 

 

現場の声。

暖かくなり、ビン、缶の選別作業も増えてきました。

ビン、缶は袋から出して選別します。
今日はとても危険な事がありました。
缶の袋の中に釣り針が入っていました。
大量の袋を破り、選別している為、小さな釣り針にはなかなか目が届きません。
選別中、手袋に刺さりました。当然、手も怪我をしました。
釣り針は手袋からなかなか外れません。
何気なく袋に入れた釣り針でしょうが、どうしても憤りを感じます。

現場は、想像以上に過酷で危険です。
もっと現場の声を発信していきたいと思います。

 tebukuro_nkan_n

 sagyou_n

 

 

 

発泡スチロールのリサイクル

 普段ちょっと処理に困る発泡スチロール。

実はリサイクルできるんです!!

1441592079823

 1441592048566

 この機械(減容器)に発泡スチロールを砕いて入れます。

 

 

 

 

 

1441592071139

機械の中です。こんな感じで砕いていき、熱で溶かします。

すると・・・

1441592058866

 

 固まってこんな棒状のもの(インゴット)が出来上がります。

一つのインゴットの重さは約7~8キロです。

ちなみに青色のインゴットは青色の発泡スチロールで出来上がったものです。

1441592036228

発泡スチロールの素材は主にPS(ポリスチレン)です。発泡スチロールは約98%が空気でできています。それを減溶機で約1/100まで減容し、インゴットになります。インゴットは国内、海外のプラスチックメーカーに出荷され、玩具、雑貨類などのプラスチック製品に加工されます。

 

 

ペットボトルリサイクルの流れ

 普段、私たちが何気なくしているリサイクル。

 

今回はどのような工程をたどるのか公開します。

まず、搬入されたペットボトルは手作業で袋から出し、ペットボトル以外のゴミが入っていないか確認します。飲み残しのペットボトル、洗剤や油ものの容器がよく混入していますが、残念ながらリサイクルにはなりません。

 CIMG9661

 

CIMG9670

 

選別されたペットボトルはコンベアで圧縮機の中に入り、プレスされます。

 

 

圧縮機出口

 

 

CIMG9674

 

 

CIMG9684

 

ひとつのかたまりは縦、横、高さが約1mで重さが約150kgになります。

 

CIMG9676

 

このかたまり(べール)がある程度の数が出来上がると、次のリサイクルの段階へ専門の業者に出荷されます。

 

 

CIMG9552

 

菅原産業では、ここまでの段階の作業をしています。

 

この後ペットボトルはフレークやペレットになり繊維(自動車の天井、内装、カーペット、ユニホーム)やシート(卵のパック)などにリサイクルされます。